HOME > 寺沢孝毅プロフィール

寺沢孝毅プロフィール


寺沢孝毅(てらさわたかき)

1960(昭和35)年北海道士別市生まれ 天売島在住
自然写真家 海の宇宙館代表
守りたい生命(いのち)プロジェクト有限責任事業組合代表
 
 

「天売島」発「地球」行き……。 Terra(地球)の素顔を伝えます。

 
1960年、北海道士別市生まれ。
1982年4月、北海道教育大学を卒業後、希望して天売島にある羽幌町立天売小学校に教師として赴任。
1992年、天売島での10年間の教員生活の後に退職。そのまま天売島に住み着く。教員時代から続けてきた、絶滅危惧種のウミガラスをはじめとする海鳥の保護・調査を継続。そのかたわら自然写真家としての活動を本格的に開始する。
1992年、ウミガラスの保護活動で北海道青少年科学文化振興賞受賞。
1999年に「海の宇宙館」を天売島に開設し、自身の写真を生かして天売島や地球環境の情報発信・展示を行う。
2006年、ウミガラスなどの長年にわたる鳥類保護で日本鳥類保護連盟会長賞を受賞。
2009年、守りたい生命プロジェクト有限責任事業組合(LLP 守りたい生命プロジェクト)を設立し、代表に就く。

主な取材地

日本:天売島、知床、西表島、小笠原
ロシア:サハリン、千島列島
北中米:アラスカ、カナダ北極圏、コスタリカ
南米:ベネズエラ、チリ、アルゼンチン
ヨーロッパ:ノルウェー北極圏、アイスランド
アジア:ボルネオ島(マレーシア)、インド
アフリカ:ケニア、タンザニア
オセアニア:ニュージーランド

取材地は、天売島はもちろんのこと、知床、ロシア、アラスカ、北極圏、ボルネオ島、西表島など多岐にわたり、熱帯から極地、海中から空までをカバーする。地球の随所で起きている環境変化や生物の生息環境の悪化に目を向ける。
写真と音を使った講演活動「Photo & Sound Live」を全国展開し、撮影取材したことを学校や各種団体を通じて広く伝えている。

開催した主な写真展

 

  • 2017年   「ケイマフリ 天売島の紅い妖精」キヤノンギャラリー銀座・梅田・札幌
  • 2014年 「知床 万物共生の半島(しま)」コニカミノルタプラザ(東京・新宿)、東川文化ギャラリー
  • 2013年 「ギアナ展」ギャラリーPuluPulu(旭川)
  • 2012年 「北極物語」ジュンク堂書店旭川店特設ギャラリー(あべ弘士、荻田泰永との3人展)
  • 2011年 「こんちき号北極探検隊 帰国展」ギャラリーPuluPulu(旭川)
  • 2011年 「寒流が結ぶ生命」ジュンク堂書店ギャラリー(札幌)、はぼろ温泉サンセットプラザ
  • 2010〜2012年 Life in the North Pacific「北の海に生きる」アクアマリンふくしま(福島県いわき市)
  • 2007年 「天を売る島」道新ギャラリー(札幌市)
  • 2017.3 キヤノンギャラリー銀座

    2006年 「知床 愛と生命」紀伊國屋書店札幌本店ギャラリー
  • 2004年 「アザラシの海」富士フォトサロン札幌
  • 2002年 「海と鳥と光のうた」富士フォトサロン福岡
  • 2001年 「宇宙島」富士フォトサロン東京(銀座)
  • 2001年 「海と鳥と光のうた」富士フォトサロン札幌
  • 1996年 「北千島 遥かなる野生」さっぽろ東急百貨店
  • 1992年 「海鳥の島」キヤノンサロン銀座・札幌  ほか多数